環境・安全へのアクション

店舗付近の高等学校などを巡回し、整備不良や故障自転車の無料点検を行ってます。
とくに坂道の登り下りがある学校の場合は、整備不良により大事故を招く恐れがあるので、定期的に行っています。

店舗にて、安全に乗れるための自転車運転アドバイスを行っています。

自転車整備士(財団法人日本交通管理技術協会)「自転車安全整備技能検定資格」を各店舗配置してます。
自転車組立整備士は、自転車製造の最終工程で、通常小売店等が行う組立、検査及び整備に係る技術を審査し、その合格者に付与されたものです。

自転車整備士を養成しています。
専門のスタッフが自転車整備士の講習を各地域の量販店などで行い、自転車整備士の資格者を増やしています。

出張修理、メンテナンスを行っています。故障による放置自転車を少なくします。

不要な自転車の引き取りを行っております。

自転車整備士の整備した自転車にはTSマークが付与されます。

TSマークを貼った自転車なら、安心の保険が付いています。
★年に1回、自転車安全整備店で、点検・整備を受けると、そのしるしとしてTSマークが自転車に貼付されます。

TSマークには、賠償責任保険と傷害保険の2つがセットになった1年間の付帯保険が付いています。
★年齢に関係なく、どなたでも入れます。

TSマーク保険の目的

第一は、自転車利用者の間に定期的に自転車の点検・整備を受ける気運を醸成することにより、自転車安全整備制度(※)の促進を図ることです。
第二は、自転車に係わる交通事故の被害者の救済に資することです。
このマークのある自転車安全整備店で、点検・整備を受けて、TSマークを貼ってもらうと、保険が付帯されます。

補償内容

傷害補償

TSマークが貼付されている自転車に搭乗している人が、交通事故によって事故の日から180日以内に入院、 死亡又は重度後遺障害を被った場合には、以下の表の金額が一律に支払われます。重度後遺障害の等級は、 自動車損害賠償保障法に定める等級に該当します。

賠償責任補償

賠償責任補償は、自転車搭乗者が第三者に死亡又は重度後遺障害を負わせたことにより、法律上の損害賠償責任を負った場合に、以下の表のとおり適用することとしました。重度後遺障害の等級は、 自動車損害賠償保障法に定める等級に該当します。