2019.04.14

FAT

FAT
トレイルなどの悪路を走行するファットバイク。日本でも2007年頃、ファットバイクが流行の兆しを見せ始めました。極太タイヤが街を走行する姿は注目の的です。
ファットバイクとは、その名の通り自転車のタイヤが、普通の自転車のタイヤより倍近く太いタイヤを持つ自転車のことです。私の持つビーチクルーザーも太いタイヤ(2.25インチ)ですが、更に太くタイヤ幅は3.8インチ(約9.65cm)から太いものは4インチを超えるものも。ファットバイクには、マウンテンバイクのようなフレームを持つタイプと、BMXのようなフレームを持つタイプ、またビーチクルーザーのようなフレームを持つタイプと大きく分けて3種類に分かれます
特に人気なのはマウンテンバイクタイプとBMXタイプです。ファットバイクの発祥地はアメリカのミネソタ州と言われています。冬になると氷と雪に閉ざされるミネソタ州でも、雪の上を走れる自転車。それがファットバイクです。
どんな道でも走破できる太いタイヤが特徴のファットバイクですが、やはりメリット・デメリットがあります。
//////////街乗り FAT・・・・・ 好評/////////////// 販売中!!//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////です。
シェアする
facebook line